楽しい投資研究所のブログ [New]

楽しい投資研究所 1toushi.com の公式Blogです。

ビットコインはバブルか

f:id:shojig:20180110135617j:plain

【結論からいえば】

  • ビットコインをはじめとした仮想通貨への「投資」はあり得ない。ビットコイン投機あるいはビットコインギャンブルと呼ぶのが正しい。
  • ビットコインはバブルのなかにある。遠からず弾ける。どうせ弾けるのなら今日にでも弾けてもらった方が被害は少ない分、マシである。

【検討】

  • ビットコイン(及び類似する仮想通貨)そのものは価値を生まない。現状のビットコインで信頼できる機能は価値移転機能のみ。価値保全機能は信頼に足りない。
  • ただ、いずれは価値保全機能も果たしうる存在になるだろう。むしろ、インフレが事前に抑制されている分、既存通貨以上の価値保全機能を発揮していくことになるかもしれない。値動きはゴールドに近いものとなっていく可能性もある。
  • ビットコインの価値は現状、正確には測定できない。将来性はたしかにある。投機対象としてはたしかに面白いものといえる。
  • ビットコインの価値を見直す動きはある。既存の通貨に等しいかそれ以上の機能を果たしうる通貨と認識されたということであれば、価値の上昇も分からないでもない。
  • ただ、ビットコインその他の仮想通貨に群がる人々の様相は、過去くり返し生じてきたバブルに付随した事象そのものである。
  • バブルは遠からず弾ける。しかしブロックチェーンは生き続け、中央銀行の力は削がれてゆく。ブロックチェーンはアンチ中央銀行の思想のもとに設計された画期的なテクノロジーである。
  • 仮想通貨を間接的に保有しているからと株価が高騰している会社がある。仮想通貨へ投資するというファンドも急増している。仮想通貨バブルが破裂すれば実体経済への波及は避けられない。
  • とはいえ、ビットコインへ多額を投じている銀行も企業体も現時点では多くないようなので、ビットコインバブル(仮想通貨バブル)破裂によるネガティブな波及効果は限定的なものとなるだろう。どうせ弾けるのなら、こういう状態のときに弾けてもらった方がましである。