楽しい投資研究所のブログ [New]

楽しい投資研究所 1toushi.com の公式Blogです。

生身の投資家が実は有利な時代

エコノミストの記事にこんなのがあった。今や株式市場の取引は、アルゴリズムによるものやAIによるものが大きな割合を占めるようになった。その一方で、人間がマネジするファンドは指数連動型のパッシブファンドがほとんどという状況である。果たしてこの状況下で市場の価値評価機能、ガバナンスの機能ははたらくのだろうかと。

しかしそもそも人が欲得ずくで取引を重ねるなか市場による価値評価機能など期待できるものだろうか。

結論からいって短期的にそれは期待できない。損得のみを考え行う人間の行動はしばしばヒステリックなものとなる。市場がその価値評価機能を果たすためには時間の洗礼を受けねばならない。時間が必要なのだ。時の試練を乗り越えられるものだけが生き残れるし、評価されもする。長期では市場は賢明な価値評価を行ってくれるが、短期的には全くといっていいほどあてにはならない。

そしてアルゴリズムはいうに及ばず、現在のAIは情報処理能力がやたらと高い投機家でありギャンブラーに過ぎないといえそうだ。

アルゴリズムはもとよりAIは今のところ人間の知性にはどうやら及ばない。特に投資の分野においては長期投資のための意思決定を行い得る水準には至っていない。投資の意思決定を賢明に行うには、精神的な成熟が必要ということなのだろうか。

ともあれ、そういう状況にあるせいか市場のボラティリティがここ数年間、妙に高まっているように感じられる

ほんのわずかなショックにも乱高下させてしまうようだ。レミング集団自殺を見ているようだ。見たことはないが。

これはある意味、長期投資を主軸とする生身の投資家にとってチャンスともいえる。未熟なAIの群れが投げ売ってくれるからだ。

価値と価格の乖離を見極めることはそれほどに困難の伴う仕事といえる。今のAIには荷が重いといえそうだ。

情報面での不平等について

情報開示を行うことが有限責任の事業体という存在を認めることに不可欠な条件なのだが、その情報開示を必要とする人すべてが開示された情報を読むというものでもないし、読まなくても良い。

読んだ方がもちろん良いに決まっているのだが、読める人にとってみれば自分だけ読めるのが最も有利な状態であって、自身を除く大多数の人々が実質的に読めなければ、自身の情報的優位は確実なものとなる。

誰にでもわかりやすい情報開示を行うことをすべての人が望んでいるかというとそうではないのだろう。

情報面での平等など、少なくとも現時点においては幻想でしかないし、これまでもずっとそうだった。

楽しい投資研究所TV

楽しい投資研究所TV はじめました。

www.youtube.com

iPad Pro を使い始めた勢いでチャンネルを開設しました。勢いです。

これにより肩書は

投資家・公認会計士・ユーチューバー

となります。

突然我に返り急遽撤退するリスクがあります点、あらかじめご了承ください。

 

楽しい投資Podcast 配信のお知らせ「いつ売るべきか?」投資ラジオと旅ラジオ

楽しい投資研究よりラジオを公開しましたのでお知らせします。楽しい投資Podcastです。

 

【最新】投資ラジオ「いつ売るべきか?あるいは即売却処分すべき会社について」
 → 持ち株を売るべきときとはいつなのか?ひとつの答えとして、即時売却処分すべき会社というテーマでお送りします。要は経営者次第であり、経営者が信用できなくなったときが決定的な売りのタイミングというお話です。

「局地的バブルとQレシオの話」と、旅ラジオ「バルセロナ・サグラダ ファミリアの話」
 → バブル華やかなりし頃、あるいは断崖絶壁の淵で激しく踊っていた1980年代に、高すぎる株価を正当化する目的で導入された指標がQレシオです。これが最近復活しているらしいというニュースに触れてのお話です。


旅ラジオ「投資家として旅する理由」と「世界を支配した人々の戦略」について
いち投資家として、世界を旅する理由とこの世界をかつて支配した人々の戦略について、お話しします。スペインをめぐっての帰り道、トランジットで少々滞在したカタールのドーハで考えました。
世界を支配するとは何を以てそういえるのかという議論はありますが、今回はせっかくスペインを訪れることができましたので、世界初の日の沈まぬ国を築き上げたスペイン・ハプスブルク帝国を念頭に考察しました。キーワードは「寛容さ」です。

会計基準の改悪と純利益情報の劣化について

米国会計基準を適用するトヨタの第3四半期決算は、株式評価損を取り込んで純利益3割減となった。
本業は好調で営業利益は前期比9%増である。今期から米国会計基準保有株の時価変動を純損益に加減するよう強制するようになったことが影響している。
トレーディングを業とする会社ならともかく、そうでない会社にまで、保有する株式の株価の短期的な値動きを純損益に取り込めと新しい基準はいうのだ。厄介な話である。
ノイズという他ない。会計基準の改悪であり、純利益情報の価値を劣化させているとしか考えられない。
バフェット氏は昨年、バークシャー社の株主への手紙のなかでこのことに触れ、純利益情報は使えない (“useless”) 情報に堕したと注意を促した。

ラジオ公開のお知らせ「会計を熟知した名演出家だった経営者カルロス ゴーン氏」及び「日産の監査人は何をやっていたのか」

日産のカルロス ゴーン(元)会長逮捕に関連して、
「会計を熟知した名演出家だった経営者カルロス ゴーン氏」及び「日産の監査人は何をやっていたのか」
というラジオを公開しました。

楽しい投資Podcastです。

http://1tpc.seesaa.net/article/462906926.html

 

AI ザ・ギャンブラー

AIは大量のデータを扱う。人には認識できないパターンを検知することも可能だと。
但し、

大きな期待が寄せられているが、高収益をもたらす実績はまだ上げていない。(中略)直近の予測には使えるが、5~10年後といった長期的な成長ストーリーを思い描くことはできない。(日経2018.10.21)

AIは人が歩んできた道をなぞっているようにも見える。
今のAIは投資家ではなく売買のタイミングを計るギャンブラーといえる。
AIに思考の方向性を与えている人間側の問題もあるのではないか。
いずれはAIも成長し、思考を深めていくのかもしれないが、長期投資の分野においてAIの思考はまだ幼子のそれのようだ。
少なくとも現時点において、AIに資産運用を委ねることが賢明とはいえない。

※参考記事(日経新聞

www.nikkei.com